d'un air joyeux ♪
COCOより、愛を込めて・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャマード☆小さな物語
guerlain-chamade08090-2

ピエール・フランソワ・パスカル・ゲランは
医師であり科学者でもあったという。。。

フレグランスにも興味を抱いた彼は、
ナポレオンⅢ世の皇妃ユージェニーのために
フローラルブーケの創作を手掛けました。

皇帝御用達調香師の称号をもつ彼のメゾンで
代々受け継がれたゲランの香りたち。。。

その多くは日本女性の感性にも
受け入れられていますね。。。

これは、4代目ジャン=ポール・ゲラン作の
「Chamade/シャマード」という香水です。


       guerlain-chamade080909-1

ジャン=ポール・ゲランが語ったエピソードの中に
「デシア・ド・ポー」という有能な女性騎手が登場します。

この魅力的な女性に恋をしてしまったJ.P.ゲランheart

いったいどんな香りがゲランを惹きつけたのでしょう。。。
いえいえ、その時彼女は香水を身に纏ってはいませんでした。
なぜなら、彼女の期待に添う香りがなかったから。。。

でも、その彼女が長年ず~っと好んだ香水が
なんとJ.P.ゲランのこの「Chamade/シャマード」だったそう。

海の香りを放つマリンプラント入りのポプリを置き、
そして、この香水を身につけていたというのです。

彼女とゲランの間に生まれていた、もろくもはかない繋がり。。。


guerlain-chamade090809-9
               lesson080909-1a

さて、シャマードをイメージした香水作りのレッスンです♪

アロマテラピーでは、天然香料しか使いませんし、
もちろん同じ香りを創ることはできないけれど。。。
あくまで、イメージ。。。

この香水のバックに流れる物語を
メロディとして捉えるプロセスは、とても大事!

トップノートはグリーンに。。。
中だちの香りは、フローラル。。。
ローズ、ジャスミン、イランイラン、
さらにシャマードのキーとなったブラックカレントの蕾、etc
そして、いつまでも香るベースには甘くて温かい香り。

このシャマードの香りからインスパイヤーされた
オリジナルなフレグランスの創作にトライアル!!
特別に「バニラ」も使っていただきました。

お気に入りの香りの創作は至福のときですよ。。。


guerlain-chamade080909-5coco

ところでゲランは、その後
あの美しい「デシア・ド・ポー」のために
心躍らせながら、
彼女に贈るべく香水を
創りはじめたのでした。。。

「33番」と調香師たちに呼ばれた作品の誕生!
彼は、それを「デリシア」という仮名で呼びました。
「デリシア」については、またいつか。。。



DATA
CHAMADE / シャマード  1969
フレグランス  :ジャン・ポール・ゲラン
ボトルデザイン :レイモンド・ゲラン


ご覧くださってありがとう♪fc2ブログランキング参加中! 
★★★FC2 Blog Ranking★★★
応援もポチリと やじるし 3秒していただけたら嬉しいです。

スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
「デリシア」のお話も。
是非お聞きしたいですvv
ゲランといえば。
ミツコでしょうか?
動乱のヨーロッパを生きた。
クーデンホフミツコの香りvv
私の母は。
ミツコは着物の時に使うと決めているそうですvv
ぽちvv
2008/09/09(火) 19:11:33 | URL | aya [編集]
ありがとうございます♪
ayaさん おはようございます

ジャック・ゲランは、ベストセラーになった
クロード・フェレールの小説に
とっても興味を抱いたということですよ。
心を動かされたようです。
ヨーロッパ人の日本人女性に対する心酔は
当時、東洋文化への憧憬とともに
大きかったのでしょうね!

ミツコを、お母様がお好きなんですね♪
オークモスやスパイシーな香りがベースで
特徴的なピーチが加えられているんですよ。
男性にもファンは多いみたい。。。

ayaさん。。。シャム猫さんのこと心配です。。。
お祈りしましょうね。
ayaさんも、どうぞ御無理をなさらずに。。。

2008/09/10(水) 08:59:50 | URL | COCO [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。