d'un air joyeux ♪
COCOより、愛を込めて・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エッセンシャルオイル
久し振りの更新になりました。
たまには、少しだけ「精油」のことを。。。お勉強編です!
固めのお話ですけど、精油のことを知っていただけると嬉しいな!

Labo-EO

アロマテラピーのツールは、いうまでもなく精油ですね。
エッセンシャルオイルとも呼びます!

香りのある植物のさまざまなパーツから、
例えば、花・茎葉・枝葉・果皮(実)・根・木部・樹液 , etc・・・
主に水蒸気蒸留によって抽出された脂溶性の液体をいいます。

通常は遮光ビンに詰められていて
キャップをはずすと空気中に揮発しますので、
液体は小さな微粒子になって、あたりを飛び交います。

飛び交っている小さな粒々(分子)が鼻腔の中に
飛び込んでくると、それを匂いとして気づくのですね。

精油は紫外線に弱いので、必ず遮光ビンで保存します。
アンバーやコバルト、グリーンのボトルで売られていますね。
写真はクリアガラスのボトルですが、
これは研究用で、精油を観察するためです。

例えば、白檀として知られるサンダルウッドと
レモンの果皮から絞ったエッセンスをビンに入れると。。。

サンダルウッドの比重は、このロットでは0.9663(20℃)です。
一方、レモン果皮、このロットの場合0.8491(20℃)となっています。

当然ですが、サンダルウッドの方が沈みますね。
上の写真を Click !!


labo1


精油は天然の植物から得られますが、化学物質です。
難しい云い方をすると有機化合物のミックス体なんですね!

つまり、たくさんの種類の分子たちが混ざり合ったもの。
ビンの中の、それぞれの分子たちの性質は異なっています。

違うのは比重だけではなく、分子の大きさなど
物理的・化学的性質はいろいろなのですね!

分離している精油をガラス・マドラーで攪拌すると、
まもなく2種の精油たちは、混ざり合います。。。

下の写真の右2本は混ざり合っていますね。
実は、これはブレンディングのレッスンの様子です。


labo-EO3

レモンという揮発性の高い、つまりすぐに匂いたつ精油と
サンダルウッドという揮発度の低い、重い精油の混合例です。

軽すぎる精油と重すぎる精油のアンバランス!
同量のブレンドですと違和感を訴える方が多いですね。

この後、ここに3つ目の精油をプラスして
香りを変調させ、まとめます♪

皆さんは、どの精油を使ってバランスしますか?

匂いは、時間が経つと変化するのですが
この変化は、なだらかなのが心地よく感じるもの。

そのためにはブレンドの際、「香調」を考慮して
バランスよく混ぜ合わせるのが望ましいですね!


heart 香調とは?
「ノート」ともいいます。
一般に、「トップノート」・「ミドルノート」・「ベースノート」と分類します。
注意) これは変調のレッスンです。
    通常はサンダルウッドから滴下し、レモンは最後に足します。
アロマテラピーのビギナーさんは、お疲れ様でした!
最後まで見てくださった方、どうもありがとう~ピンクハート


↓応援ポチとっても嬉しいです♪COCOstar pink
FC2ブログランキング!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joyeux5.blog37.fc2.com/tb.php/33-3a7fa404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。