d'un air joyeux ♪
COCOより、愛を込めて・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サムサラ / SAMSARA
SAMSARA200810040192001.jpg

4代目ジャン=ポール・ゲラン作のフレグランスです。
1989年に発売された「SAMSARA /サムサラ 」。

「サムサラ 」には「輪廻」という意味が込められているそう。。。
サンスクリット語の由来だそうです。

       このフレグランスの残り香が、
       とくに多くの女性を魅了するようですね。

            白檀とジャスミンを好きだという
            女性のためにJ・P・ゲランが、
            心を踊らされながら創作したという。。。


SAMSARA20081004-2

  
彼が恋したイギリス人女性のデシア・ド・ポー。
遠い昔はゲランの「シャマード」を好んだという。。。

出会ったときには、香りを纏うことのなかったデシア。
彼女の別荘で過ごした週末にJ・P・ゲランは
満を持して、この香りを贈ったといいます。

ゲラン・ファンの間では、よく知られたエピソードですね♪

彼女はこの香りをお気に入りだったようで
発売される前に、いつもつけていたようです。。。

プロフェッショナルなパフューマーたちは
この試作の香りを「33番」と呼んでいました!

けれどもJ・P・ゲランは、「デリシア」と呼びました。



SAMSARA20081004-3


1986年の冬、33番を含む多くの試作品の中から
彼女が好んで身に纏ったこの香りが審査に通り、
その3年後には、「SAMSARA 」として発売されました。

ルビーを彷彿させるこのボトルは
彫刻家のロベール・グラネによるものです。


たっぷりの白檀(サンダルウッド)とベルガモットのアコード。
ジャスミンやローズ、イランイランも加えます。。。

今日の調香レッスンは、この香りをテーマにしました♪
アロマのレッスンでは、天然香料にこだわりますので
同じ香りはできませんけど、あくまでイメージです。。。



DATA
SAMSARA / サムサラ (1989)
フレグランス  :ジャン・ポール・ゲラン
ボトルデザイン :ロベール・グラネ

BABYDOLL ゲランの「シャマード」についてはこちら ↓
* シャマード☆小さな物語 2008/9/9



ご覧くださってありがとう♪fc2ブログランキング参加中! 
★★★FC2 Blog Ranking★★★
応援もポチリと やじるし 3秒していただけたら嬉しいです。
   
     
スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

シャマード☆小さな物語
guerlain-chamade08090-2

ピエール・フランソワ・パスカル・ゲランは
医師であり科学者でもあったという。。。

フレグランスにも興味を抱いた彼は、
ナポレオンⅢ世の皇妃ユージェニーのために
フローラルブーケの創作を手掛けました。

皇帝御用達調香師の称号をもつ彼のメゾンで
代々受け継がれたゲランの香りたち。。。

その多くは日本女性の感性にも
受け入れられていますね。。。

これは、4代目ジャン=ポール・ゲラン作の
「Chamade/シャマード」という香水です。


       guerlain-chamade080909-1

ジャン=ポール・ゲランが語ったエピソードの中に
「デシア・ド・ポー」という有能な女性騎手が登場します。

この魅力的な女性に恋をしてしまったJ.P.ゲランheart

いったいどんな香りがゲランを惹きつけたのでしょう。。。
いえいえ、その時彼女は香水を身に纏ってはいませんでした。
なぜなら、彼女の期待に添う香りがなかったから。。。

でも、その彼女が長年ず~っと好んだ香水が
なんとJ.P.ゲランのこの「Chamade/シャマード」だったそう。

海の香りを放つマリンプラント入りのポプリを置き、
そして、この香水を身につけていたというのです。

彼女とゲランの間に生まれていた、もろくもはかない繋がり。。。


guerlain-chamade090809-9
               lesson080909-1a

さて、シャマードをイメージした香水作りのレッスンです♪

アロマテラピーでは、天然香料しか使いませんし、
もちろん同じ香りを創ることはできないけれど。。。
あくまで、イメージ。。。

この香水のバックに流れる物語を
メロディとして捉えるプロセスは、とても大事!

トップノートはグリーンに。。。
中だちの香りは、フローラル。。。
ローズ、ジャスミン、イランイラン、
さらにシャマードのキーとなったブラックカレントの蕾、etc
そして、いつまでも香るベースには甘くて温かい香り。

このシャマードの香りからインスパイヤーされた
オリジナルなフレグランスの創作にトライアル!!
特別に「バニラ」も使っていただきました。

お気に入りの香りの創作は至福のときですよ。。。


guerlain-chamade080909-5coco

ところでゲランは、その後
あの美しい「デシア・ド・ポー」のために
心躍らせながら、
彼女に贈るべく香水を
創りはじめたのでした。。。

「33番」と調香師たちに呼ばれた作品の誕生!
彼は、それを「デリシア」という仮名で呼びました。
「デリシア」については、またいつか。。。



DATA
CHAMADE / シャマード  1969
フレグランス  :ジャン・ポール・ゲラン
ボトルデザイン :レイモンド・ゲラン


ご覧くださってありがとう♪fc2ブログランキング参加中! 
★★★FC2 Blog Ranking★★★
応援もポチリと やじるし 3秒していただけたら嬉しいです。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

マイ・フレグランス
coco.rose.perfumebottle1


アラブの遊牧民たちが、その栽培法を
世界中に広めたといわれる薔薇・・・

ローマの時代、お金持ちは宴会のとき、
薔薇の花びらを床に敷きつめたという。

薔薇精油の芳香は、ロマンティックであたたかい。
絡み合った神経の紐を、優しくほどきながら、
緊張を緩め、気分をやわらげてくれますね。


チープなボトルに薔薇のフレグランス♪
まわりには、お庭の薔薇の花びらを散りばめてみました。
淡色から、濃色までのグラデーション・・・

キャップをはずせば、その香りも
まるでグラデーションを描くように、
ゆるゆると、お部屋の空気に溶け込みます。


coco.rose.perfumebottle2


慌ただしい毎日だからこそ
暮らしを彩るプロダクトは大切にしたい。

自分の気持ちに寄り添うアロマを選び、
心を込めてブレンディングしました。

ローズにネロリでフローラルに・・・
ベースに配したサンダルウッドが
香りの寿命を延ばしてくれます。
そして、イランイランを加えブリッジをつくりました。
レモンとグレープフルーツをTOPノートに!!

自分色の香りの出来上がり・・・
フローラルとシトラスが仲良く手を結びました!
金曜の夜は、幸せカラーな香りを纏いましょう。

チープなボトルのマイ・フレグランス。
自分へのご褒美heart




FC2ブログランキング!
応援ポチあったらいいな!嬉しいな♪COCOstar pink

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。