d'un air joyeux ♪
COCOより、愛を込めて・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルドゥーテの薔薇と薔薇空間 
     coco_book薔薇図譜復刻版
   バラ図譜復刻版:河出書房新社 (2008/5/19)

以前ご紹介したルドゥーテのバラ図譜(原寸大復刻版)です。
ルドゥーテはいうまでもなく写実に優れた画家でしたから
現実の薔薇を再現しているといっても過言ではないですね!

例えば、これがピュアアートであれば
描き手のイマジネーションによって
個性あふれる薔薇たちが表現されるに違いありませんが。。。

ルドゥーテのバラ図譜は、まさに植物図鑑そのもの!
詳細にわたり、薔薇の情報が描き出されています。
アートと自然科学のフュージョン!!

1817年に出版されたバラ図譜は、
当時出版されたどの著書よりも
印刷技術(スティップル法)が優れていたそうです。

ルドゥーテがこの世に生を受けたのは1759年7月10日。
ベルギー生まれだそうですが、文献を紐解くと
この頃ベルギーはフランスの支配下にあったということです。

ルドゥーテの時代はナポレオンⅠ世の時代。。。
そして、その皇后であったジョセフィーヌ、
さらにマリーアントワネット、そして、モーツアルトやゲーテ。
彼らの時代でもあったわけですよね。

ルドゥーテによって描かれた169点の薔薇が、
この時代すでに、マルメゾンの庭園にあったということは驚き!

私欲を超えたロザリアンの皇后ジョセフィーヌが
マルメゾンに集めた薔薇は、なんとなんと250種!!
ガリカ系だけでも園芸種は167種にのぼったそう。。。

ため息~。。。


* ガリカ系とは?
オールドローズに分類されます。Rosa gallica という西アジア原産の香料用に栽培された薔薇をもとに育成されてきた系統をいいます。13世紀には変種が薬用にされました。


2008薔薇空間 


ところで、遅ればせながらようやく
東急Bunkamuraで開催の「薔薇空間」に!

ルドゥーテの薔薇図の特徴は、やはり
葉にあたるハイライト、
花のカラーの透明感、
自然光を受けているような自然描写・・・ですね。

ゆえに、単なる植物図鑑にはない心地よさを感じるのでしょうか。。。

思いおこせば、このBunkamuraで5年ほど前に
ルドゥーテ展が開催された時は、大盛況でした!

今回も感嘆のため息と共に、ひとが溢れかえっていました!!

同じホールにはお気に入りの本屋さんがあるので、
Bunkamuraのこの美術館は、渋谷に出向くと立ち寄るスポットです。
これほど混雑することは、あまりないですよね。。。
やはり、薔薇の魅力には抗えない女性が多いということでしょうか?


2008薔薇空間ラビングタッチ

2008薔薇空間S淡雪

2008薔薇空間 伊豆の踊り子2

     2008薔薇空間シャリファアスマ

今回展示された薔薇の一部です。
4枚の薔薇の写真は上から順に・・・
heartラビングタッチ
heart淡雪
heart伊豆の踊り子
heartシャリファアスマ
添付のネームプレートにあった表示名です。
皆さんはどれがお好き?


↓応援ポチとっても嬉しいです♪COCOstar pink
FC2ブログランキング!
スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

バラ図譜 by ピエール・ジョゼフ・ルドゥーテ/P.J.Redoute
coco.P.J.RedoutePink
Les Roses by P.J.Redoute

待ち望んでいたルドゥーテのバラ図譜が先日届きました。
ルドゥーテの諸作のうち、最も名高い「バラ図譜」の復刻版♪
目も覚めるような、まさにバラ色の装丁・・・



coco.PJRedoute2




coco.PJRedoute3



当時の初版本(1817~21)は保存状態がよいそうなのですが、
その初版本を底本とした、初めての原寸大の復刻版です!

お庭の薔薇は香気を発して虫たちを誘うけど
香りがなくともルドゥーテの薔薇図には、強く誘われます。
躍動感のある薔薇図も多く、まるで香ってくるようです・・・

ところで、香りの世界では
薔薇とジャスミン、そしてミュゲが三大花香。
ほとんどのフレグランスに、これらは何らかの形で含まれます。

薔薇の香りはいろいろだけど
アロマセラピーで使う薔薇の精油はダマスクローズ。
主にブルガリアなどで栽培される
ロサ・ダマスケナを水蒸気蒸留しています。

一方、アロマの自然香水を創るときに用いるのは
その昔、多くがグラースで栽培されたケンテフォーリア種。
こちらは溶剤を使って抽出されたアブソリュートです。

原種やオールドローズの芳香は、
いまだ多くのベールに包まれていますが
少しずつ、成分の研究も進んでいるようですね。

実は、これらの薔薇種の姿を初めて見たのは
幼い頃、伯母のところで見たルドゥーテの薔薇図でした。

薔薇好きの伯母は、このダマスクローズなるものも、
いつのまにか、お庭の薔薇コーナーの一員にしてしまいましたが...

遊びに行くたびに、何冊もあるルドゥーテの本を
ため息まじりで、眺めていましたっけ・・・

ルドゥーテや薔薇に興味を抱いたのもそうですが、
香りの世界に魅かれ、アロマを学んだのも伯母の影響。

憧れの伯母なので、ルドゥーテ以外にも
生き方のほとんどすべてを真似していますheart
(ちょっとオーバー!ゴマスリスリ!笑)


この「バラ図譜」の復刻版は、本当に欲しかった!
薔薇の真実が無視されず、おそらく彩色も空想に委ねられず、
薔薇図鑑として愛好家たちを満足させる1冊ですね!

COCOのFavoriteが、またひとつ増えました。
ルドゥーテの熱意が比類ない熟練の腕に裏打ちされて・・・
宝物になります。
嬉しいなぁ・・・。


coco.PJRedoute5
これはカバーの背文字!



coco.PJRedoute4
そして、梱包のダンボール!

こんなところにまでルドゥーテの薔薇・・・
捨てられませんね。
感激の日曜日でした♪


ローズルドゥーテの薔薇について、こちらにもお話してます。見てくださいね!
  ルドゥーテのローズ 2008/5/1 by COCO



FC2ブログランキング!
応援クリック嬉しいですstar pinkCOCO

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

ルドゥーテの薔薇

TheRoses-Pierre-Joseph Redoute080501
TheRoses:Pierre Joseph Redoute

 

  ピエール・ジョセーフ・ルドゥーテは              
ベルギー生まれ、フランス宮廷で活躍した薔薇の画家。 
 
ふくよかで、優雅な薔薇ですね。             
まるで匂いたつように美しい。                

ナポレオン・ボナパルトの最初の妃、「ジョセフィーヌ」。
彼女は、パリ郊外のマルメゾンの庭園で、
ルドゥーテの「薔薇図譜」の制作を援助したという。 

全3巻の「薔薇図譜」は、1817年から
7年間にわたって発行されたといいます。

ルドゥーテは、高度な彩色印刷の技術改良をし、
実用化した画家でもあるのだそうです。

薔薇の品種は膨大な数にのぼり、香りも多様。
多くの女性が魅かれてやまない薔薇の香り...

香りを創って、遊ぶのは愉しいですね!

ローズにネロリ、ほんの少しバジルを加え
最後にライムでフレッシュ感を加えてみました。

甘さのなかに、爽やかなアロマがひろがって、
ゆったり、満ち足りた気分に。幸せ!ローズ




FC2ブログランキング!クリックしてくださると喜びます star pinkCOCO

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。